海外ドラマ 「シャーロック・ホームズの冒険」 の感想です。
名探偵との出逢い
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだらの紐
2006年 11月 21日 (火) | 編集
シャーロック・ホームズの冒険[完全版]Vol.3とても面白かったです。不気味な緊張感に最後まで引き付けられたし、
私的に、ホームズ&ワトスンの嬉しい見所も多かったですし。
それにしても 「まだらの紐」 とは巧いタイトルだなぁと感心しました。
とりあえず、ワトスンを起こすホームズ、これだけで 「きゃあ~」 (ぉぃ)
依頼主の女性は可憐な方で、おびえている様子が可哀想だったので、
是非とも救ってあげてほしいと思いました。お姉さんもお気の毒でしたね・・・
インドで医者をやっていたと聞き、嬉しそうなワトスンを横目に、
それを説明するホームズ。彼らの友情をこんな所でも感じてしまう私ってば。
怒鳴り込んできた親父を、至極冷静にかわすホームズもカッコよかったです。
「実にかわいい男だ」 と火かき棒を戻すところなんて、オイシイお姿でした。
列車の中で、友人からの情報を語るワトスン。彼の役どころが有ってこれも嬉しかったり。
館までの馬車で御者?の質問に、「ここは君に任せた」 って感じで、帽子を深くかぶるホームズも、
彼の捜査方法を真似た結果、「君の足跡を見つけた」 なんて言うワトスンも可愛いです。

後半の真相解明もハラハラで面白かったのですが、仮小屋での二人のやりとりが特に好き。
危険すぎる任務で友人の身を案じ、同伴をためらってることを告白するホームズに対し、
「役に立てれば」 と勿論ワトスンは言うし、ホームズも本当に素直に御礼を言ってるのよね。
あの安堵の表情が嬉しいです。ヘイスティングズもそうだけど、名探偵に頼りない?相棒って
必要なのかしら?と思う事があるので(物語の書き手が要るのかもしれないけど^^;)、
やっぱりホームズには、ワトスン君が傍に居るべきなのよね~と、一人で嬉しくなってました。
その後でホームズの説明を聞き、「何となく分かってきた」 とワトスンは言ってましたが、
私はさっぱり分かってなかったので^^;、あの寝室での出来事には、本当にドキドキ。
あの犯人には相応しい最期だったかも・・・寝てる間にあんなのは、考えるだけでも嫌だわぁ。
あとエンドクレジットで、別の角度でのホームズが観られましたが、これも嬉しいオマケでした。
[ お気に入り度: ★★★★★

シャーロック・ホームズの冒険 [完全版] Vol.3 / The Speckled Band
原作邦訳: 「まだらの紐」 - 『シャーロック・ホームズの冒険』
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
原作もドラマも傑作です!
この作品の撮影では、蛇が縄を昇らなくて苦労したそうですよ(笑)
動物学的には大間違いなことでも、ちゃんと原作通りに再現してくれるこのシリーズは最高です\(^O^)/

列車で2人が会話するシーン。
あのシーンは、『白銀号事件』という別の作品にある、ホームズの挿絵画家として人気のあったシドニー・パジットの挿絵を、映像に再現してるんですよ!
これを見たシャーロッキアンは、さぞ感涙したことでしょう(T^T)
ディアストーカー姿のホームズも出ますしね(^_-)-☆

そういえば、僕。この前、「鹿打ち帽とディアストーカー」という、オバカ表現をしてました(__;)
どっちも同じじゃーヾ(℃゜)々
「ディアストーカーとインヴァネスコート」って書きたかったんです。
失礼しましたm(__)m
2006/ 11/ 25 (土) 16: 03: 53 | URL | Yuseum # [ 編集 ]
挿絵は大切ですよね~
Yuseumさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
この作品は本当に面白かったので、感想も長くなってます^^;
おお、そんな舞台裏があったのですね、何だか微笑ましいなぁv-398
あの蛇には名前も付いていたと、どこかの解説で読みました。

それと、あの列車のシーンも好きです。
ホームズの挿絵も有名なんですね、挿絵って結構印象に残りますからね、
Yuseumさんを始め、ファンの方は嬉しかっただろうなぁと思います。

ホームズのあのコートは、「インヴァネスコート」 というんですね、
また一つ物知りになりました、さっそく今度使わせてもらうかもv-290
あのスタイルも大分見慣れてきて、気に入ってきたのですが、
結構シルクハット姿の方が多いような気もします。それはそれで嬉しいんですけどね^^
2006/ 11/ 27 (月) 20: 46: 39 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵との出逢い all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。