海外ドラマ 「シャーロック・ホームズの冒険」 の感想です。
名探偵との出逢い
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボヘミアの醜聞
2006年 11月 09日 (木) | 編集
シャーロック・ホームズの冒険[完全版]Vol.1という訳で、これが初めてホームズとのご対面になったのですが、
えっ、いきなりホームズの恋?とか、ホームズって薬物中毒なの?とか、
ホームズって変装が上手なの?とか、一々驚いていた私って、
ハイ、全くの初心者です^^ (あの変装は全く気が付かなかったわ・・・)
いきなりホームズがしてやられる?展開にも驚きで、私にとっては、
とても感慨深いホームズとの出会いになったのですが、
この短編は原作者自身の評価も高く、読者にも人気があるらしいですね。
(ちなみに 青空文庫 でも読めるんで、ビックリ嬉しくて読んでみたけど、
ドラマって、ほぼ原作通りなんですね!でも原作では、ワトスン君、結婚してる・・・)
最初は依頼主の正体とかで、展開が遅く感じられ、なかなか事件が掴めなかったのですが、
だんだん引き込まれていって、観終わった後には、他の話も観てみたく思ったので良かったです。
それにしても、ジェレミー・ブレット氏は男前ですねぇ~彼の魅力にハマッてしまったかも。
神経質そうで細身な所は、私が(勝手に)抱いていたホームズのイメージにピッタリです。
デビッド・バーク氏のワトスン君も想像していた通りの姿だけど、まだ慣れないかな・・・。
なんでも 「The World of Holmes」 というサイトによると、この話は、ブレッド氏とバーク氏との
間にも個人的信頼関係を築かせる為に、実際の撮影は4作目に行われたとか。
ホームズとワトソンの友情に注目しそうな自分としては、なかなか興味深い情報です。
[ お気に入り度: ★★★

シャーロック・ホームズの冒険 [完全版] Vol.1 / A Scandal in Bohemia
原作邦訳: 「ボヘミアの醜聞」 - 『シャーロック・ホームズの冒険』
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
シリーズの初期は
原作がTVに飛び出してきたみたいに忠実なので、気持ちいいです(^O^)
そうそう、NHKで放映されたときは、ホームズがコカイン中毒であることは抹殺されていますv-12
詳しくはTBの記事をご参照下さい。
(僕の感想記事は途中で止まっちゃってるのですがv-436
2006/ 11/ 15 (水) 15: 17: 46 | URL | Yuseum # [ 編集 ]
なるほど~
Yuseumさん、こんばんは。コメントありがとうございますv-266
青空文庫で原作読んで、本当に内容が忠実だったので、びっくりしたと同時に、
原作ファンの方も、このドラマは嬉しいだろうなぁ~と思ったんですが、
シリーズ初期は・・・という事は、後期は少し変更が見られるんでしょうか。

>コカイン中毒
確かWikipediaでも見たんですが、NHKの放送ではバッサリとカットされていたそうですねe-2
でも、Yuseumさんの記事を拝見して、ホームズが薬物に手を出していた事についても、
よく分かりました。どうもありがとうございました。これから感想書いてUPする前に、
Yuseumさんの記事を参考にさせて頂くかもしれませんが、宜しければ、これからも色々と、
このホームズ入門者にご教授頂けると嬉しいです。どうぞ宜しくお願い致します。
2006/ 11/ 15 (水) 21: 29: 15 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵との出逢い all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。