海外ドラマ 「シャーロック・ホームズの冒険」 の感想です。
名探偵との出逢い
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤毛連盟
2006年 11月 30日 (木) | 編集
シャーロック・ホームズの冒険[完全版]Vol.6「赤毛連盟」 だなんて、ヘイスティングズが知ったら卒倒?しそうとか、
(あ、ただし会員は男性限定だ^^;) あの仕事は物識りになれそうだな~
とか、最初は軽い気持ちで観てたけど、モリアーティ教授vsホームズの、
次回に繋がる事件で、冗談も叩けない重要な作品でしたね、ごめんなさい。
おお、これが噂?の教授ですか!そういう人物がいるとは知ってましたが、
いよいよ表舞台にご登場となった訳ですね。緊迫感高まってきたわぁ。
聞けば聞くほど奇怪な相談で、ググッと物語に引き込まれていきました。
(このシリーズはこういう話が多くて、必然的にこんな感想が多くなってるな^^;)
強盗を待ち構える場面では、ドキドキでしたし。やっぱり世の中には上手い話は転がってないと
つくづく思いました。推理の真相って、聞けば本当に 「なぁんだ」 とも思えるのですが、
そこまで辿り着くのは凄いです。写真の暗室や、舗道をステッキで叩いてた事など、
最後のワトスンに対する説明でやっと解し、思わず唸ってました。質屋に対するホームズの
助言も良かったですね、ソファを軽々しく飛び越える姿なども、これまた素敵で
「僕も少しは役に立ってるかな」 と言ってたけど、少しは、だなんて、とんでもないですよ。
[ お気に入り度: ★★★★

シャーロック・ホームズの冒険 [完全版] Vol.6 / The Red-Headed League
原作邦訳: 「赤毛組合」 - 『シャーロック・ホームズの冒険』
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
ほんとは
『赤毛連盟』は、もっと気楽に観られる作品なんですよv-15
モリアーティ教授は、原作には登場しませんからね♪
もっとも、研究家の間では、
「この事件も裏では教授が暗躍していたに違いない。」という意見もあって、僕もその意見は好きですけどね(^.^)

この作品は、ホームズがサラサーテを聴いて悦に浸ってるシーンと、そのときのワトスンのナレーションが、すごく好きです。
2006/ 12/ 07 (木) 14: 11: 57 | URL | Yuseum # [ 編集 ]
そうらしいですね。
Yuseumさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございますv-291
原作には教授は登場しないらしいですね、
私も何だか唐突?に教授の影が出てきたように感じたんですけど、
おお、いよいよか~と。教授はホントに色々と暗躍してたんだなぁ~

私もあのホームズが悦に浸ってるシーンe-293は、とても印象に残りました。
獲物を確実にしとめる前の静けさというか、物語が大きく動く前の予兆というか。
ワトスンの言葉からも良く伝わってきますよね。
ホームズを敵に回したくないなぁと思ってしまいました。
2006/ 12/ 08 (金) 19: 41: 57 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵との出逢い all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。