海外ドラマ 「シャーロック・ホームズの冒険」 の感想です。
名探偵との出逢い
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギリシャ語通訳
2006年 11月 24日 (金) | 編集
シャーロック・ホームズの冒険[完全版]Vol.5面白かったですねぇ~いつしか話に引き込まれていって、
最後までスリリングに楽しめました。あんまり後味は良くなかったけど・・・
ホームズにお兄さんがおられる事は、情報?で知ってはいたのですが、
随分と歳が離れてて、しかも似てなかったのは・・・私的にはちょっと残念?
でも、彼もまた魅力ある方で、窓越しの兄弟推理合戦は、なかなかの見物
でしたし、最後のご活躍は予想してましたが、いや~格好良かったです!
さすがはホームズのお兄様でいらっしゃる
しかし、彼の所属するクラブって・・・ワトスンじゃなくとも、「何?このクラブ」 って思うかも^^;
事件の方は、いつしかワトスンの兄妹説が通ってましたが、
囚われの身となってしまったお兄さんの方は可哀想でしたね、本当にお気の毒でした。
通訳のメラスさんは、ほんとに人が良さそうだったので、何とか助けてあげて~と願ってました。
それにしても、警視庁で捜査令状を催促する時に見せた笑みや、列車内でご令嬢の正体を
見抜いた時に、ワトスンにチラッとしてみせた笑みなど、本当にジェレミーさんは魅力的で、
どうしてこんなに格好良いんだろう~って、毎度の事ながら思ってしまいます。
[ お気に入り度: ★★★★★

シャーロック・ホームズの冒険 [完全版] Vol.5 / The Greek Beeches
原作邦訳: 「ギリシャ語通訳」 - 『シャーロック・ホームズの思い出』
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
初めてマイクロフトを見たときは・・・
「いくらなんでも、年齢高過ぎるぞヾ(--;」と思いましたが、さすが名優チャールズ・グレイ。
原作ではもう1回出てきます。どの作品かはお楽しみに(^.^)
(このTVシリーズでは、やむにやまれぬ事情で、さらにあと2回出ているんですけどね(^_^;))

原作は、列車での追跡シーンがないから、さらに後味悪いですv-292

ラスト。シャーロック・ホームズが汽車の煙の立ちこめる駅のプラットフォームへ、ステッキを振りながら一人消えていく背中が印象的です。
このシーン、後の方の作品でなぜか再利用されているんですね。(それも、映像は一瞬。)
その作品が何だったか思い出せないけど、あまり脈絡のないところでパッと出てきたので、ビックリした記憶がありますv-362
2006/ 11/ 25 (土) 16: 35: 45 | URL | Yuseum # [ 編集 ]
楽しみにしてます~
Yuseumさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
原作はこれより後味良くないんですか・・・
私もあのホームズの去る姿は印象に残ったので、
もう一度使われているというシーンを見逃さないようにしようと決意しました^^
で、この作品は何と言っても、ホームズのお兄さんにつきると思うんですが、
原作では、もう少し若い設定なのかしら? でも結構気に入りました。
ホームズ復活の際には、色々と可愛い?弟の為につくして下さったみたいで、
お兄さんの名前だけは出てきてましたが、ご登場はいつになるのかな~
楽しみにしてます^^ あと、「やむにやまれぬ事情」 とは最後の方の作品ですよね。
ううっ、ジェレミーさん・・・v-406

あと、Yuseumさんのブログの記事で拝見したのですが、この巻のDVDジャケットって、
大変な誤爆をしていたんですね~ビックリしました。こんな事もあるんですねぇi-229
この表紙の二人は何だか、いかにも推理物って感じで好きです。

よろしければ、またご解説頂けると嬉しいです。
間違ってる事言ってたら、じゃんじゃん指摘してやって下さい。
どうぞよろしくお願いしますv-410
2006/ 11/ 27 (月) 21: 02: 34 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵との出逢い all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。