海外ドラマ 「シャーロック・ホームズの冒険」 の感想です。
名探偵との出逢い
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当ブログについて
2006年 11月 09日 (木) | 編集
一言で言うと、全くのホームズ音痴が観た、グラナダ・テレビ制作版の
海外ドラマ 「シャーロック・ホームズの冒険」 の感想ブログ、です。

それだけでは、あまりにそっけなく説明不足なので、以下、追記です。(長文ですみません)
「名探偵といえば?」 と問われれば、おそらく 「シャーロック・ホームズ」 との答えが
最多だと思うのですが、恥ずかしながら、私はホームズ物は一冊も読んだことがなく、
知ってる事といえば、現場を丹念に調べる捜査方法や、ワトスン君という助手がいる事、
一度死んだ?話と甦った話があるという事で、後は、第一話のドラマを観てから、Wikipedia
知識を得たくらいです。鹿撃ち帽のスタイルは、名探偵コナンでイメージしていたかな^^

そんな私が、シャーロック・ホームズの海外ドラマを観ようと思ったのは、
同じNHKで放送されていた 「名探偵ポワロ」 シリーズがきっかけでして。私はその
エルキュール・ポワロさんが大好きで、別のブログ で海外ドラマの感想を書いてるのですが、
DVDのジャケットも同じ装丁だし、これはホームズに触れられる良い機会だと思い、
とりあえず一巻だけレンタルしたところ、なかなか面白くて興味を持てたので、
これなら感想も書けそうだと、このブログを立ち上げた次第です。(理由になってるかな?)

そんなワケで、何せ全くのホームズ初心者ですので、ベテラン?の方からすると、
「プッ、何この感想」 と思われるかも・・・と、恥ずかしくて恐れ多いんですが、
ホームズを知らない者が、あの海外ドラマを観たら果たしてどう感じるか、という角度で、
温かい目で見て頂けると幸いです。
ちなみに私は、完全版の第一巻から順にレンタルして、字幕版で観ています。
露口さんも良く合ってると思うけど、ジェレミー・ブレットさんの発音とかが、とても気に入ったので。
そのジェレミー・ブレットさんは、もうお亡くなりになってるという事で、とても残念です・・・。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
こんにちは~!
遅ればせながら、ブログ立ち上げおめでとうございますv-290
いや~、どんどんご感想書いてください!
ところで、ジェレミー・ブレットのファンのことを「ジェレミアン」と呼ぶのですがv-344、その中の一人rieさんのブログを紹介しま~す。
ブログを読んでいただいたらわかるように、「ジェレミーの大ファン」なので、わからないことがあったらrieさんに聞いてみれば、快くお答えしてくれると思いますよe-465
2006/ 11/ 15 (水) 15: 11: 52 | URL | Yuseum # [ 編集 ]
紹介すると言いながらURL忘れてたσ(^◇^;)
すみませ~ん。
rieさんのブログは、
http://blog.goo.ne.jp/rie_002
です。
2006/ 11/ 15 (水) 15: 13: 19 | URL | Yuseum # [ 編集 ]
ご来訪ありがとうございます!
Yuseumさん、こんばんは。
たくさんコメント頂き、ありがとうございます!嬉しいです~v-238
いや~今更ながらで恐縮なんですが、とっても面白いシリーズですね。
以前、Yuseumさんのブログのクリスマス特集でホームズ物を紹介されてましたよね、
それを読んで、ホームズも観てみよう!と思ったんです。どうもありがとうございました。

また、rieさんのブログをご紹介頂き、ありがとうございます。
ジェレミーさんへの愛が伝わってくる、素敵なブログですねv-344じっくり拝見しようと思います。
「シャーロキアン」 は知っていましたが、「ジェレミアン」 は初耳でした。
でもそんな方々がおられるのも良く分かります。ほんと、ジェレミーさんって素敵で・・・
2006/ 11/ 15 (水) 21: 02: 31 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/ 06/ 17 (水) 15: 43: 25 | | # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵との出逢い all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。