海外ドラマ 「シャーロック・ホームズの冒険」 の感想です。
名探偵との出逢い
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空き家の怪事件
2006年 12月 04日 (月) | 編集
シャーロック・ホームズの冒険[完全版]Vol.7祝!ホームズ復活と共に、ワトスンとの友情も溢れる大好きな作品です。
モーリアティ教授の影がまだ漂ってる事件も、スリリングで楽しめましたし。
それにしてもほんと、「最後の事件」 の後に、すぐ観られて良かったです。
じゃないと、いつまでも虚脱感・虚空感から抜けられなかったと思うので・・・
いつホームズが出てくるか&ワトスンの気絶を楽しみ?にしてたんですが、
ホームズ再登場の変装は、そうじゃないかなーと。(というか丸分かり?)
この話から二代目ワトスンだという事で、少し心配?していたのですが、
全然違和感無くて安心しました。3年間で大分お年を召したなぁ~とは思いましたが^^;
二代目演じるエドワード・ハードウィック氏は、ジェレミーさんと私生活の方でも交流があった
方だそうで、これからますます、良い雰囲気の二人が楽しめるんじゃないかな~と期待大。
ハドスン夫人も レストレード警部も本当にホームズの生還を喜んでて、とても良い感じでしたね。
再会は一代目ワトスンともして欲しかったなと、何となく思っちゃったけど、
私もホームズの帰還&二人の再会シーンには、嬉しい以外の言葉無しでした。

前回、滝から二人豪快に落ちてたじゃんって、あれはワトスンの空想なんですね;
(空想で良かった・・・) その回想シーンで、自分の名を叫び、探す親友をただ見ていなければ
ならなかったあの場面、お互いに辛かったでしょうが、ホームズは尚更だったろうなと。思わず
「ワト・・・」 と言いかけてましたもんね。私も何だか 「最後の事件」 のあの場面より胸が張り裂け
そうになって、思わずウルウル。そして、驚きの余り気絶するワトスン(待ってました!ってぉぃ)を、
ホームズが慌てて介抱するシーンは、もう何度も巻き戻しました^^; すぐに 「許してくれ」 と謝る
ホームズや、少し辛そうに 「信頼してほしかった」 という親友に、強く 「信頼しているとも!」 と、
これまた辛そうな表情で即答、「・・・でも君は優しいから」 と付け足すホームズが良いわぁ~。
親愛なる友人に自分の事を告げられて、彼もほっとしたのかな、本当に安心しきった寝顔でした。
優しく毛布をかけ直したり、あの手紙を宝として飾っているワトスンも好きだわぁ~(←落ち着け)
冒頭の事件がいつ絡んでくるのかと思いましたが、ハドスン夫人の協力も面白かった?です。
(ちょっと危険なようにも思ったけど^^;) 最近、ようやく夫人のチャーミングさも感じてきたかな。
思えばホームズの3年間の空白は、マイクロフト様々でしたね。お兄さんありがとう
[ お気に入り度: ★★★★★

シャーロック・ホームズの冒険 [完全版] Vol.7 / The Empty House
原作邦訳: 「空き家の冒険」 - 『シャーロック・ホームズの帰還』
スポンサーサイト
最後の事件
2006年 12月 01日 (金) | 編集
シャーロック・ホームズの冒険[完全版]Vol.7さて、いよいよこの作品ですが・・・タイトル表示に添えられた白い花、
ホームズ自身が事件の語り手で始まるなど、やっぱりいつもと違う印象。
「最後の事件」 に、あのモナ・リザまで絡んでくるとは知りませんでしたが。
何せ、私も冒頭からず~っとハラハラしっぱなしで、崖が映ると思わず、
ホームズ崖から離れて~と思ってしまい、全然平常心で鑑賞出来ず。
有名な作品ですし、結末は分かってたけど、最後は半泣き状態でした。
(つうか泣いてたくせに;) 特にあのワトスンへ遺した言葉が、もうね・・・
"真実の友シャーロック・ホームズ" だなんて・・・ワトスンを宿へ呼び戻した手紙は、明らかに
怪しかったし、「え~!ワトスン、ホームズから離れちゃうの~」 と思わずにはいられなかったけど、
偽物と分かっていたのに、それでも親友を帰すなんて、ホームズらしいよ、彼らしいけど・・・ううっ。
しかしこれで、このシリーズが終わってたら、さぞかしたまらなかったろうなぁ~と思います。
でも、第一代目のワトスン君とは、あれでお別れとなったんですよね、何だかそれも、ちょっと
辛いというか、感慨深い物があるというか・・・あと、スイスの景色は美しかったです。山中を
逃避行する光景では、何となく、「ロード・オブ・ザ・リング」 の第一章を思い起こしてました^^;
あの美しい景色が、より悲壮感を高まらせたのかも。バックに流れるバイオリンのテーマ曲も
本当に物哀しくて・・・とにかく、とても辛いとしか言えない作品でした、ううっ。
[ お気に入り度: ★★★★★

シャーロック・ホームズの冒険 [完全版] Vol.7 / The Final Problem
原作邦訳: 「最後の事件」 - 『シャーロック・ホームズの思い出』
copyright (C) 名探偵との出逢い all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。