海外ドラマ 「シャーロック・ホームズの冒険」 の感想です。
名探偵との出逢い
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院患者
2006年 11月 28日 (火) | 編集
シャーロック・ホームズの冒険[完全版]Vol.6という訳で、タイトルは 「入院患者」 となったんですね^^ ナルホド。
最初の理髪店での、ささいな二人の推理合戦?に、ほのぼのしたり、
帰りに腕を組んでる、その姿だけでもつい喜んじゃう私って・・・
事件は思った通りの展開ではありましたが、興味深かったです。
冒頭の一幕も、観終えた後で考えると印象的でしたね。
依頼者の若きドクターは、本当に良く仕事の出来そうな方で、好感度高し。
ちょっと犯人ってば証拠残しすぎなんじゃない、とも思ったけど、
葉巻から人数をズバリ当てるホームズはさすがでしたし、室内を綿密に調査する姿は、
これぞシャーロック・ホームズといった感じで、堪能させて頂きました。
部屋中、書類だらけにして探してましたが、ポワロさんなら考えられないなぁ~なんて思ったり。
でも、これもホームズ的な魅力なのかしら。ハドソン夫人にはお気の毒でしたが・・・
結局、悪人に天罰は下ってましたが、確かポワロさんの原作にも、逃亡せしめた犯人が、
後日、飛行機事故で死んでた話がありましたね。「多数の犠牲者も巻き添えになる」 みたいな
予言をしてたポワロさんを、ふと思い出しました。最後はホームズ、ノリノリの演奏でしたね^^ 
バイオリンの音も高らかで、微笑ましいエンディングでした。
[ お気に入り度: ★★★

シャーロック・ホームズの冒険 [完全版] Vol.6 / The Resident Patient
原作邦訳: 「入院患者」 - 『シャーロック・ホームズの思い出』
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
きまぐれ猫さん、こんばんは。
『入院患者』は地味ですけど、原作に忠実に、しかもプロデューサーの遊び心も表れた、よくできている作品です。
この頃の作品は、BGMが必要以上に乱用されていないので、役者さんの演技に集中できるのがいいんですね~。

なお、『入院患者』というタイトルに落ち着くエピソードは、このドラマオリジナルです。
2006/ 11/ 28 (火) 21: 50: 07 | URL | Yuseum # [ 編集 ]
面白かったです
Yuseumさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですね、何となく地味な作品でしたが、ホームズ達はもちろん、ハドスン夫人にも、
それぞれに見所があって、ホームズの世界を楽しめて良かったと思います。
また、タイトルの逸話はオリジナルなんですね~参考になります。
二人のじゃれあい?がとても嬉しかったので、入れてくれてありがとう!ですv-290
後半はBGMの乱用が多いのかな?
2006/ 11/ 30 (木) 03: 29: 49 | URL | きまぐれ猫 # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 名探偵との出逢い all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。